2018年7月20日
から abe
メールアドレス変更のお知らせ はコメントを受け付けていません。

メールアドレス変更のお知らせ

 「さようなら原発1000万人アクション」事務局のメールアドレスが変更となりました。

 新アドレスは以下の通りになります。よろしくお願いいたします。

 sayonara2nukes@gmail.com

2018年7月6日
から abe
「さようなら原発ニュース」24号を発送しました はコメントを受け付けていません。

「さようなら原発ニュース」24号を発送しました

 今週「さようなら原発ニュース」24号の発送作業を行いました。
 こちらのブログでもPDFファイルを上げておきますので、是非お読みください。

↓「さようなら原発ニュース24号」はこちら↓
さようなら原発ニュース 本文 24号
 

2018年7月4日
から abe
いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に 9.17さようなら原発全国集会 はコメントを受け付けていません。

いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に 9.17さようなら原発全国集会

 「いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に 9.17さようなら原発全国集会」のチラシ第一弾が完成しました。集会の概要は以下の通りです。詳しいことが決まり次第更新いたします。

日時:2018年9月17日㊊敬老の日
場所:代々木公園B地区(JR 山手線「原宿駅」、地下鉄千代田線「明治神宮前駅」、千代田線「代々木公園駅」、小田急線「代々木八幡駅」)

〇タイムスケジュール
11:30 出店ブース開店
12:30 開会 野外ステージ
コンサート
13:30 発言
主催者あいさつ
フクシマから
東海第二原発再稼働について
自主避難者から
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会からほか

15:10 デモ出発
  渋谷コース:会場→渋谷駅前→明治通り→神宮通公園解散
原宿コース:会場→原宿駅→表参道→外苑前

主催:「さようなら原発」一千万署名 市民の会
内橋克人 大江健三郎 落合恵子 鎌田慧 坂本龍一 澤地久枝 瀬戸内寂聴
協力:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
連絡先:さようなら原発1000万人アクション事務局
東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館1F 原水禁気付TEL.03-5289-8224
Email : sayonara2nukes@gmail.com http://sayonara-nukes.org/(「さようなら原発」で検索)

↓PDFデータはこちら↓
20180917さようなら原発チラシ第1弾v2L1

2018年6月18日
から abe
2018/06/28 原発を停止・廃止し、再生エネルギーへの転換を 原発ゼロ基本法案の制定をめざす市民のつどい はコメントを受け付けていません。

2018/06/28 原発を停止・廃止し、再生エネルギーへの転換を 原発ゼロ基本法案の制定をめざす市民のつどい

 2018年3月、野党4党(立憲民主、共産、社民、自由)は「原発ゼロ基本法案」を共同提出しました。
 法案では、すべての原子力発電所を速やかに停止、廃止することを基本理念とし、5年後の廃炉、再生エネルギーを2030年までに40%に、廃炉作業には国が必要な支援を行うことが明記されています。
 市民と野党の共闘で、原発ゼロの日本をつくりだしましょう。 

日時:6月28日(木)19:00~20:30(開場18:30)
場所:なかのZEROホール
   JRまたは東京メトロ東西線「中野駅」南口から徒歩8分
   地図→https://www.nicesnet.jp/access/zero.html
プログラム:
●主催者あいさつ
●講演 原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(予定)
●「原発ゼロ基本法」制定をめざして 共同提出各政党より
●行動提起・閉会あいさつ
※入場無料
※どなたでもご参加いただけます。
共催:さようなら原発1000万人アクション
    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館1F 原水禁気付
    TEL 03-5289-8224
   原発をなくす全国連絡会
    〒113-8465 東京都文京区湯島2-4-4 平和と労働センター7F
    TEL 03-5842-6451
    https://www.no-genpatu.jp/
協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

↓チラシデータはこちら↓
20180628 原発を停止・廃止し、再生エネルギーへの転換を 原発ゼロ基本法案の制定をめざす市民のつどい

2018年6月11日
から abe
玄海原発4号機の再稼働反対! 第二議員会館前緊急抗議行動 はコメントを受け付けていません。

玄海原発4号機の再稼働反対! 第二議員会館前緊急抗議行動

 九州電力は6月8日、原子力規制委員会から玄海原発4号機(佐賀県玄海町)の「原子炉を試験的に使用するための承認」を受けたと公表しました。これを受けて九州電力は、「16日以降準備が整い次第、原子炉を起動する」としており、早ければ16日にも再稼働し、7月の営業運転を見込むとの報道もあります。
 福島第一原発事故以降、多くの市民は原発の再稼働に不安を抱えています。特に原発周辺の自治体や市民にはその思いが強くあります。にもかかわらず、九州電力は十分な説明もないまま次々と原発の再稼働を強行しています。民意を無視し、営利優先で安全・安心をないがしろにする住民軽視の暴挙です。
 「さようなら原発1000万人アクション」は、各地の原発が再稼働するたびに、現地の運動に連帯し政府に対して抗議行動を行ってきました。16日の「再稼働」を受けて、今回も国会前での緊急抗議行動を下記の日時に取り組みます。ともに声をあげましょう。

日  時 : 6月15日(金)12:00~13:00 ※16日ではありません! ご注意ください!
場  所 : 衆議院第二議員会館前
内  容 : 各団体・参加者からのアピール、福島原発告訴団からの連帯あいさつ
呼びかけ : さようなら原発1000万人アクション実行委員会
         千代田区神田駿河台3-2-11連合会館1F 原水禁気付
電話 03-5289-8224

2018年5月9日
から abe
飯原発4号機の再稼働に抗議する緊急行動 はコメントを受け付けていません。

飯原発4号機の再稼働に抗議する緊急行動

 5月9日、大飯原発4号機の再稼働に対する抗議行動を衆議院第二議員会館前で行われました。

 抗議行動では東海第二原発の再稼働に反対する市民運動や「さようなら原発1000万人アクション」に参加している団体から発言があり、また福島原発刑事訴訟支援団の佐藤和良団長も駆けつけ発言してくださいました。雨の降る寒いお昼休みでしたが、それでも40名以上の参加者が集まり「大飯原発再稼働反対!」「自然エネルギーへの転換を!」と叫びました。

2018年5月1日
から abe
【さようなら原発1000万人アクション緊急行動】大飯原発4号機を動かすな!再稼働反対国会前(第2議員会館前)抗議行動 はコメントを受け付けていません。

【さようなら原発1000万人アクション緊急行動】大飯原発4号機を動かすな!再稼働反対国会前(第2議員会館前)抗議行動

 関西電力は、5月9日に大飯原発4号機を再稼働させようとしています。福島原発事故が示すように、一度大事故を起こせば、地元はもとより非常に広範囲に渡って多大な被害を及ぼすことは明らかです。原発が集中する若狭湾で、地震や津波などによって連鎖的に事故が重なることも予想されます。原子力規制委員会によって新規制基準に適合したからといって、原子力規制委員会は「安全」だとのお墨付きを与えたのではないと、繰り返し述べています。さらに、避難計画も自治体まかせで、その実効性など何も検証もされていません。にも関わらず経営優先で、周辺住民の意向を無視し、いのちを軽視する中での再稼働は許せません。
 さようなら原発1000万人アクション実行委員会は、各地の原発が再稼働する度に国会前で抗議の声を上げています。
 今回の大飯原発4号機の再稼働に対しても下記の日時に抗議行動を行います。この抗議行動は、同日現地(大飯原発ゲート前)での抗議行動と連動した行動です。ぜひ多くの方々のご参加をお願いします。一緒に再稼働反対の声をあげましょう。

日  時 : 2018年5月9日(水)12:00~13:00
場  所 : 衆議院第二議員会館前
東京都千代田区永田町2丁目1−2
                                       
呼びかけ : さようなら原発1000万人アクション実行委員会
        千代田区神田駿河台3-2-11連合会館1F 原水禁気付
        電話 03-5289-8224

チラシデータはこちら↓
さようなら原発1000万人アクション緊急行動

2018年4月4日
から abe
-いのちを守れ くらしを守れ フクシマと共に 3・21さようなら原発全国集会- 発言内容⑤ はコメントを受け付けていません。

-いのちを守れ くらしを守れ フクシマと共に 3・21さようなら原発全国集会- 発言内容⑤

立憲民主党エネルギー調査会会長・逢坂誠二さん

 私たち立憲民主党は“原発ゼロ基本法”を3月9日に国会に提出しました。社会会民主党、自由党、共産党、そして無所属の会からも賛同者をいただきました。何としても国会で成立させたい強い思いです。法案を提出したら、安倍首相や世耕経産相は『無責任だ』と言いました。
 原発を進める方が、使用済み核燃料の処分方法が決められない方が無責任ではないでしょうか。廃棄物の処分場すら見つけられない、こんな状態で原発を続ける方が無責任です。再生可能エネ、自然エネは高い、高いと言っているが原発の方が高いのは明らかです。さらに、再生可能エネは安定性がないと言っているが、技術の進歩で安定性は高まっています。原発はクリーンでも安全でもない。それを推進する方が無責任です。原発の海外輸出も許してはいけないと思っています。
 法律的にきちんと廃炉の手続きをする。核燃料サイクルもやめる。これも法案に明確にしています。何よりも大切なのはこの法案を成立させることで、そのために皆さんの力が必要です。大きく拡げていきましょう。

戦争をさせない9条壊すな!総がかり行動実行委員会・福山真劫共同代表


 この5年間の安倍政治の矛盾が噴出しています。安倍政権の本質は、一つは福島を切り捨て原発を推進することです。二つ目は森友、加計、スパコン、リニア談合等、安倍とお友達による国家権力の私物化です。三つは戦争法や共謀罪の強行に代表されるように大事な憲法をないがしろにすることです。四つは所得が200万以下の方が1000万人を超え非正規労働者が40%を超えるというように、貧困と格差社会を作り続けていることです。五番目は沖縄県民の意思を無視して新基地建設を強行することです。6番目は朝鮮半島の課題では、対話ではなく経済的圧力と軍事的脅迫行動を続けていることです。
 こんな安倍政権許せますか。この間、私たちは安倍政権退陣を目指して闘ってきました。しかし、揺さぶることはできても退陣には追い込めていません。公文書偽造から潮目が確実に変わりました。私たちがもう少し頑張れば、安倍政治を打倒できます。財務省と官僚達の責任も免れません。官僚も今、本当の事を言わなければ共犯です。
 安倍自公政権が権力を私物化し、国会と国民を愚弄して民主主義を貶める安倍政権は許せません。野党やマスコミにも頑張ってもらいましょう。私たちは闘えば勝てます。総がかり行動は、全国行動を予定しています。私たちの力で安倍政権を倒しましょう。

閉会の挨拶・鎌田慧さん

 この会場の熱気で雪も溶けてしまいました。今日は原発事故8年目の出発の集会をとても印象深い日になったと思います。私たちは原発を止めるという固い決意で闘ってきましたが、“原発ゼロ法案”を野党が力を合わせて実行していくことを明確にしています。原発は人間に敵対するというのは福島の教訓です。情熱と希望を持って脱原発に向かって行きましょう。原発は既に歴史的な決着がつきました。人間と核は矛盾して存在できない。安倍は完全に歴史に遅れている。無知で、無謀で、無責任、こんな人間がどうして私たちの首相だと威張っているのか。安倍がいなくなれば原発はなくなります。
六ケ所村の再処理工場は30年前に作られましたが、まだ稼働していません。来年は稼働しますと、24回も言っています。核燃があることで、1年間に200億もの金が入ってきています。私たちは、この集会から全国に原発廃炉宣言をしましょう。この、熱気で闘っていきましょう。

2018年4月3日
から abe
-いのちを守れ くらしを守れ フクシマと共に 3・21さようなら原発全国集会- 発言内容④ はコメントを受け付けていません。

-いのちを守れ くらしを守れ フクシマと共に 3・21さようなら原発全国集会- 発言内容④

「2018フクシマ連帯キャラバン」団長・丹野泰希さん

 労働組合の枠を越えて脱原発の社会を目標として頑張っています。この活動を通じて、街宣とかフィールドワークや自治体要請行動をしてきました。その中で、やはり原発は危険だということを再確認しました。東日本大震災から7年が経ち復興という目標に向け懸命な作業が続いています。それでも、足を引っ張っているのは福島第一原発事故だと思います。
 特に沿岸地域では津波と放射能被害があり、救出できたはずの命が奪われたのが現実です。多くの住民が生まれ故郷に帰れません。健康や仕事等に多くの不安を抱えています。追い打ちをかけるように補償の打ち切りという被災者に厳しい現実があります。
 原発再稼働に関するアンケート調査を福島市、新潟市、いわき市等でやってきましたが、反対意見がすごく多いです。原発は怖い、危険だ、汚染され遊べなかった等の意見がありました。一番印象に残ったのは、9歳の男の子の原発のせいでいじめられているという話です。やはり、小さいこどもにも苦労を掛けている原発事故は一刻も早く収束させていくべきだと思いました。
 キャラバン中も帰還困難区域では高い放射線量で、線量計が鳴り続けていました。東電や経産省との交渉では回答がなく残念な部分もありました。原発の問題は日本中の問題ですので、みんなで一致団結してできれば良いと思います。
※「フクシマ連帯キャラバン」は2014年に始まった運動。原水禁に結集する労働組合・民主団体の青年部が中心となり、毎年3月に福島県・北関東を中心に街頭宣伝・要請行動などを行っている。今年からは新潟県でもキャラバン隊行動を行った。
 
原発ゼロ自然エネルギー推進連盟・河合弘之さん

 私は長年自然エネルギー推進の運動をやってきています。各地でみんなが頑張っているけれど、全国的な連帯がない。団結が弱いのは問題で、去年の今頃作ったのが「原発ゼロ自然エネルギー推進連盟」という団体です。今、275団体が入り全国的な組織になっています。略称は原自連です。
 元首相の小泉、細川、菅さんも一緒に闘っています。原自連は1月に“原発ゼロ自然エネルギー推進基本法”を提案しました。その内容は、原発即時ゼロ、再稼働絶対禁止、これが第1項目です。4、5年前に原発ゼロと言うと、それは現実的ではない、机上論という人が多かったが、私たちは今回それを打ち出しました。何故か。日本はこの7年、実質原発ゼロでやってきた。停電は1回も起きていない。この事実からして原発即時ゼロは可能です。
 原発ゼロにしてどうするかというと、自然エネルギーしかありません。世界は脱温暖化です。脱CO2の主体は自然エネルギーです。日経新聞も自然エネを言い始めました。日本は、自然エネになり、原発は死に絶えていきます。自然エネ社会は絶対来ますが、もう一度原発事故があったら日本は終わりです。
 私たちは原発を絶対動かさない、自然エネルギーを1日も早く日本に広げる両方の闘いをしていくことによって私たちは勝ちます。

2018年4月2日
から abe
-いのちを守れ くらしを守れ フクシマと共に 3・21さようなら原発全国集会- 発言内容③ はコメントを受け付けていません。

-いのちを守れ くらしを守れ フクシマと共に 3・21さようなら原発全国集会- 発言内容③

東海村元村長村上達也さん

 私の所、東海村は原発発祥の地として、日本の原子力平和利用推進の旗を振ってきた。60年間旗を振ってきたが、私の時代は違った。1999年のJCO事故の時、1期目の村長をやっていました。当時原発は安全だ、原子力は安全だ、だから住民避難は必要ないと言われた中で住民避難を行ないました。日本の原発は安全だと神話を作ってうぬぼれていて、あの事故も想定外だと結論づけられました。私は、科学的な精神が欠けていると言ってきました。
 福島原発事故の3か月後脱原発を表明しました。原発推進の旗を振っている村長が、原発反対を言ったのでみんなびっくりしました。6月に日本の政府は、玄海原発3号機再稼働のための安全審査をやり安全は証明されたと言いました。私は、この国はまた原発事故を起こす。事故の反省が微塵もない。そこで、脱原発を表明した。村長を4期やり、脱原発をめざす首長会議を静岡湖西市の三上元市長、福島県南相馬市の桜井元市長らと作りました。
 今、東海第二原発を再稼働させようとしています。これは、何としても阻止しなければいけません。東海第二はなぜ駄目かというと、BWR110万キロワット一番最初の原発です。東海村は原発などできない地盤の上に作られました。40年経過して更に20年延長しようとしています。周辺30キロ圏内には100万人、20キロ圏内には75万人がいます。福島の20キロ圏内は8万人でした。東海の5キロ圏内でも8万人です。
 耐震基準は250ガルで作られ、今は905ガルに改造したから安全だとしていますが、そんなことはないと私は思います。30年運転を基準に設計されたものを40年運転し、更に20年延長しようとしています。電気ケーブルは全部不燃化と言っていたのに、30数%しかできません。避難計画は14市町村で必要なのにできたのは3か所だけです。
 東海原発を動かさないために茨城県民は頑張ります。みなさん応援をお願いします。

韓国の核再処理実験阻止30キロ連帯実行委員長イ・キョンジャさん 

 全ての原発に反対している韓国の人々を代表して、挨拶します。現在、朝鮮半島では、想像できなかったことが起きています。南北朝鮮とアメリカとの間で非核化に向けた話し合いが準備されています。韓国では文政権が脱原発宣言をしたのに、5基の原発が建設されています。日本では、6基の原発が再稼働され、安倍政権は憲法を改悪しようとしています。これでは本当の平和はやってきません。
 3月11日に福島事故から丸7年を迎えましたが、韓国や日本では原発が運転され、核のゴミが毎日生産されています。韓国政府は24基の原発を運転し、各のゴミが毎年750トン生み出されています(通算で1万6千トン)。核のゴミを捨てるところが無いなら、原発は止めるべきです。あまりにも単純で明快な答えです。韓国の「原子力村」の人たちは自分たちの利潤の為に原発を続けています。
 私の住んでいる大田(テジョン)の真ん中に、核のゴミが運ばれています。ここには原子力研究院があり、科学、研究、実験という言葉で核物質を運んでいます。ここでは、小さいけれどハナ炉という原子炉が運転されています。福島事故7周年で、私たちは核のゴミのドラム缶模型を作りパレードをしました。解決法がなければ今すぐ止めるべきです。原発は無差別で大量の殺人になるでしょう。
 人間が人間らしく生きて行くための社会でなくてはなりません。その始まりは全ての核の廃棄です。全ての核兵器をなくし、全ての原発をなくし、対立を止めるべきです。平和への期待が韓国では高まっています。一昨日、『安倍止めろ』と叫ぶ人たちの集会に行き、本当に感動しました。安倍政権を倒すまで連帯して闘います。雪の降る中、多くの人たちと連帯できうれしいです。ありがとうございました。

Highslide for Wordpress Plugin