2017年6月2日
から abe
高浜原発3号機の再稼働反対!無責任なプルサーマル発電を止めろ!第二議員会館前緊急抗議集会 はコメントを受け付けていません。

高浜原発3号機の再稼働反対!無責任なプルサーマル発電を止めろ!第二議員会館前緊急抗議集会

 関西電力は、6月6日に高浜原発 3号機の再稼働を強行しようとしています。福島原発事故以降、多くの市民は原発の再稼働に不安を抱えています。特に原発周辺の自治体や市民にはその思いが強くあります。にもかかわらず、十分な説明もないまま、関西電力の先月17日の4号機再稼働に続く、今回の再稼働強行は、民意を無視し、営利優先で、安全・安心をないがしろにするものです。
 高浜原発の運転差止めを覆した大阪地裁の判決では、「基準値振動 700 ガル」「耐震補強工事」、解析によって確認したとする「耐震性」、「津波は原発の重要施設に影響しない」など、関西電力の主張のほとんどを丸のみし、新たな「安全神話」をつくり出しました。新規制基準を絶対視するような司法判断とその上に立った関西電力の再稼働強行を認めるわけにはいきません。
 また高浜3号機では、4号機に引き続きプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使いプルサーマル発電をしようとしています。電力会社を取り巻く経営環境が厳しい中で、1本が通常のウラン燃料の9倍の9億円とも言われる異常に高いMOX燃料をわざわざ使うことも問題(その料金は全て電力料金に上乗せされる)ですが、使い終わったMOX燃料の後始末については何も考えられていないことが最も大きな問題です。現行の方針では、MOX燃料を再処理し、再度プルトニウムなどをリサイクルすると描かれています。そのためには新規の再処理工場の建設が不可欠ですが、今現在その具体的計画はまったくありません。新たな再処理工場を受け入れる場所や運営主体・資金さえ明らかでない中で、見切り発車でMOX燃料を使い続けることは、極めて無責任と言わざるを得ません。原発がトイレなきマンションと言われているにもかかわらず、MOX燃料でも同じことを繰り返そうとしています。
 無責任な原発再稼働とプルサーマル発電に対して、さようなら原発1000万人アクションとして、下記の日時に緊急抗議行動を行いますので、ぜひご参加ください。

日  時 : 6月6日(火)13:00~14:00(*共謀罪集会の後に行います)
場  所 : 衆議院第二議員会館前
呼びかけ : さようなら原発1000万人アクション実行委員会
            千代田区神田駿河台3-2-11連合会館1F 原水禁気付
電話 03-5289-8224

2017年4月7日
から abe
被災者を切り捨てる今村復興相の暴言を許さない! 官邸前緊急抗議行動 はコメントを受け付けていません。

被災者を切り捨てる今村復興相の暴言を許さない! 官邸前緊急抗議行動

 4月5日に行われた記者会見で今村雅弘復興相は、記者から避難者が住宅提供を打ち切られ困窮していることに対する国の対応を問われて、「本人の責任だ。裁判でも何でもやれば良い」と発言しました。これに対して「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」は「避難の協同センター」(福島からの避難者と支援者の団体)は6日、首相官邸前で「被災者を切り捨てる今村復興相の暴言を許さない!緊急抗議行動」を行い、避難者や市民など200人が集まりました。

 郡山市から神奈川に避難している、避難の協同センター共同代表の松本徳子さんなどが「原発事故に私達は何の責任もない。事故がなければ避難することもなかったのに、3月には自主避難者の住宅支援が打ち切られ、避難指定が解除された人たちも支援が打ち切られていく。復興担当大臣として苦悩する人たちに対してあまりにも無責任な発言だ」と訴えました。
 避難の協同センターの瀬戸大作事務局長など支援者からも、「先の前橋地裁の判決でも、国には今回の事故の責任があると指摘している。事故を起こした政府の側の責任者の発言として、とうてい認めるわけにはいかない。いますぐ辞任すべきだ。安倍首相にも任命責任がある」などと厳しい批判が相次ぎました。
 参加者は官邸に向けて、「暴言を許さない!」「被災者の切り捨てを許さない!」「避難者の支援を打ち切るな!」「大臣やめろ!」などとシュプレヒコールをあげました。
 また、避難の協同センターなどが呼びかけた「大臣の辞任を求める」署名に1日で28,127 筆の賛同が集まり、代表が復興庁に提出して抗議をしました。さらに、夜は復興庁の前で、共謀罪反対集会のデモ行進参加者にアピールをしました。

※以下、復興庁に提出した抗議文

2017年04月06日

復興大臣 今村 雅弘 様

4月4日の記者会見で、記者から避難者が住宅提供を打ち切られ、困窮していることに対する国の対応を問われた貴職は、「自主避難者が福島に帰れないのは本人の責任である。基本は自己責任。裁判でも何でも,やれば良いではないか」という趣旨のご発言をなさいました。

東京電力福島第一原発事故の責任は、国と東京電力にあります。
私たちは、「加害者」側におられる貴職が、「被害者」である避難者に対して、自分の責任だという発言を行ったことに強い憤りを禁じえません。

避難者は、原発事故さえ起らなければ、故郷を離れ、違う土地で苦しい思いをすることもありませんでした。
2012年に制定された、「原発事故子ども・被災者支援法」の中でも、原子力政策を推進してきた国の責任を明記し、被害者が居住・避難・帰還のいずれを選択した場合でも、国が支援を行う旨が書き込まれています。

貴職の発言は、これらを一切無視し、国の責任を放棄し、避難者の想いを踏みにじるものです。被災者支援の責任を担うはずの復興大臣としての資質を問わざるをえません。

また、上記発言は,避難指示区域外から避難している方々の実情を全く知らないが故の発言です。

4月以降の避難生活を継続される、多くの方が生活困窮に陥りながら、避難の理由である放射能被害から家族を守る為に苦闘しています。
現在まで、復興庁は、住宅提供打ち切りおよびその後の責任を福島県に押し付け、避難者の実情の把握すら行ってきませんでした。

さらに、3月17日、前橋地裁は,福島県から群馬県に避難した原告などが国と東京電力を相手に提起した損害賠償請求訴訟において,国に東京電力と同等の賠償責任を認めた上,原告となった自主避難者のほとんどの人について,避難することが合理的であったこと,また,種々の理由で避難を継続していることも合理的であることを認めました。すなわち,自主避難者が避難したことや避難を継続していることは,自己責任ではなく、国に法的な責任があることを認めています。
それにもかかわらず、「裁判でもなんでもやればよい」という貴職の発言は、被害者である原告が何故、裁判に訴えなければならなかった事情を理解せず、被害者全体を侮辱するばかりでなく、閣僚として司法判断を軽視するものです。

私たちは、貴職に対し、発言の撤回と謝罪、そして復興大臣を辞任することを求めます。

今村復興大臣の辞任を求める避難当事者・支援者有志一同

2017年4月5日
から abe
被災者を切り捨てる今村復興相の暴言を許さない! 官邸前緊急抗議行動(仮称) はコメントを受け付けていません。

被災者を切り捨てる今村復興相の暴言を許さない! 官邸前緊急抗議行動(仮称)

 昨日の今村雅弘復興相の記者会見は、「感情的になったこと」が問題ではなく、復興相としてのフクシマの被害者に対する心ない対応(答弁)が問題です。国には今回の事故の責任があると先の前橋地裁判決が指摘しています。事故がなければ避難することもなかった人たちに対して、この3月には自主避難者の住宅支援が打ち切られ、また避難指定が解除された人たちにも、支援が打ち切られていく中で、苦悩する人たちに対してあまりにも無責任な発言でした。「裁判でも起こせばいい」との発言は、事故を起こした側の一人の責任者として、とうてい認めるわけにはいきません。さようなら原発1000万人アクションと避難の協同センターが共同で、緊急抗議行動を下記の日時に行います。ぜひ多くの方々の参加を呼びかけます。

日時 : 4月6日(木)16:00~17:00
場所 : 首相官邸前(国会記者会館前)
主催 : さようなら原発1000万人アクション実行委員会(千代田区神田駿河台3-2-11連合会館1階 原水禁気付 電話 03-5289-8224)、避難の協同センター(新宿区下宮比町3-12明成ビル302 電話 03-5225-7213)

2017年3月27日
から abe
原発事故自主避難者の住まいを奪うな! 3・31さようなら原発・国会前緊急抗議集会 はコメントを受け付けていません。

原発事故自主避難者の住まいを奪うな! 3・31さようなら原発・国会前緊急抗議集会

福島原発事故で避難区域外から避難を余儀なくされた「自主避難者」に対する住宅無償提供が、この3月31日で打ちきりとなります。いま、避難先で苦渋の選択を迫られ、さらに厳しい状況に置かれようとしています。
さよなら原発1000万人アクション実行委員会として、その現状を国会議員に訴えるために、国会前(第2議員会館前)で緊急集会を開催します。当日は、当事者や避難の協同センターの方々を交えて、国や東電の無責任さを強く訴えます。ぜひとも多くの方々に、被災者支援と合わせてこの行動にご参加をお願いいたします。

日 時 : 2017年3月31日(金)12:00~13:00 
会 場 : 国会・第2議員会館前(千代田区永田町2-1-2)
主 催 : さようなら原発1000万人アクション実行委員会
千代田区神田駿河台3-2-11連合会館1階 原水禁気付
電話 03-5289-8224
協 力 : 避難の協同センター

2017年3月21日
から abe
さようなら原発全国集会に1万1千人 はコメントを受け付けていません。

さようなら原発全国集会に1万1千人

 3月20日東京代々木公園で開催された「いのちを守れ! フクシマを忘れない さようなら原発全国集会」には約1万1千人が参加しました。みなさんお疲れさまでした。
 詳しい報告は後日掲載いたします(写真:今井明)。

2017年2月10日
から abe
自主避難者の住宅支援を打ち切るな‐福島県への要望提出 はコメントを受け付けていません。

自主避難者の住宅支援を打ち切るな‐福島県への要望提出

 2月2日、今年3月で福島県の自主避難者への住宅支援が打ち切られようとすることに関連して、「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」を代表し呼びかけ人の鎌田慧さん(ルポライター)が「住宅無償支援継続の要望書」を福島県へ提出しました。この提出行動は「ひだん連」の6回目の福島県庁交渉に合わせて行われ、さようなら原発実行委員会からも10名が交渉に参加しました。
 交渉の中で自主避難者からは、「避難者の多くは生活困窮で住宅支援があるから生き延びられる。支援が打ち切られれば、死ねというのか」「自宅玄関先3メートのところでセシウムが1平方メートル当たり8万ベクレルもあった、このようなところへ帰れというのか」などと訴えました。
 「ひだん連」は、「知事が交渉の場にきて、ちゃんと明責任を果たせ」と詰めよりましたが、県の担当者は頑なに「私たちが皆さんの要望を聞き、知事に伝えます」と繰り返すばかりで、話は平行線となりました。
打ち切りまであと2ヶ月ほどとなり、先行きの見えない避難者を県は切り捨てようとしています。私たちは、避難者の声に県はもっと耳を傾け、真摯な対応を取ることを強く求めます。

要望書は以下の通り↓
さようなら原発住宅支援緊急声明

2017年1月31日
から abe
Twitterはじめました はコメントを受け付けていません。

Twitterはじめました

いまさらで恐縮ですが、「さようなら原発1000万人アクション」もTwitter始めました。アカウントは以下の通りです。

@sayonara_n2011

頑張ってつぶやいていきますので、よろしくお願いします。

2017年1月18日
から abe
【緊急】「原発事故自主避難者の住まいを奪うな! 2・18さようなら原発緊急集会」のお知らせ はコメントを受け付けていません。

【緊急】「原発事故自主避難者の住まいを奪うな! 2・18さようなら原発緊急集会」のお知らせ

 福島原発事故で避難区域外から避難を余儀なくされた「自主避難者」に対する住宅無償提供が、この3月末に打ちきりとなります。この間、災害救助法に基づき実施してきたもので、原発事故の避難区域の内外を問わず対象としてきましたが、避難区域外の「自主避難者」が切り捨てられることになろうとしています。その対象者は12,363戸ともいわれ、いま、避難先で苦渋の選択を迫られ、さらに厳しい状況におかれようとしています。
 さよなら原発1000万人アクション実行委員会として、その現状を訴える緊急集会を開催します。ぜひとも多くの方々にこの現状を知っていただきたいと思います。

日 時 : 2017年2月18日(土)18:00 開場 18:30 開会
会 場 : 連合会館2階大会議室(千代田区神田駿河台3-2-11連合会館2階)
内 容 : 主催者あいさつ(鎌田慧さん)/当事者からの訴え(避難者)/現状報告(避難の共同センター)/討論など
資料代 : 800円
主 催 : さようなら原発1000万人アクション実行委員会
千代田区神田駿河台3-2-11連合会館1階 原水禁気付
電話 03-5289-8224

2017年1月11日
から abe
2017原発のない福島を! 県民大集会 はコメントを受け付けていません。

2017原発のない福島を! 県民大集会

 今年の3月も福島県郡山市で「2017原発のない福島を! 県民大集会」が開催されます。当日は「さようなら原発1000万人アクション」からも発言があります。

と き:2017年3月18日(土) 12時開場 13時10分開会
ところ:開成山陸上競技場(郡山市)
主 催:「原発のない福島を! 県民大集会」実行委員会

詳細はこちら↓

HOME

チラシはこちら↓
20170318kenmin

Highslide for Wordpress Plugin