さようなら原発1000万人アクション
さようなら原発

3.15脱原発集会 3.8―3.15はNO NUKES WEEK

  

20140315_2

フクシマを忘れない!さようなら原発3.15脱原発集会(東京)

※クリックすると音が出ます。ご注意ください。

2014年3月15日(土)

日比谷野外音楽堂(東京メトロ「霞ヶ関駅」、都営地下鉄「内幸町駅」下車)
12:30 開場
13:00 オープニングライブ 真相の噂(コントグループ)、岡大介(カンカラ三線)
13:30 開演 司会:木内みどりさん
      福島からの報告 武藤類子さん(ハイロアクション福島)
      呼びかけ人アピール 内橋克人さん
                    大江健三郎さん
                    澤地久枝さん
      賛同アピール 秋山豊寛さん(元宇宙飛行士・有機農業者)
      被曝労働の報告 なすびさん(被ばく労働を考えるネットワーク)
      原発再稼働の現地報告 松下照幸さん(原子力発電に反対する福井県民会議幹事)
閉会あいさつ 鎌田慧さん
14:30 デモ出発
デモコース 日比谷野外音楽堂~東京電力前~銀座~数寄屋橋~鍛冶橋駐車場前(流れ解散)

福島原発事故から三年。この三年間、目には見えず匂いもないものに、故郷を追われ、蝕まれ、おびえる日々を過ごしてきました。人々の輝かしい未来を幻想してつくられた原子力発電は、大きな負債を未来に背負わす化け物であることを、今や多くの人々は確信しています。原発は人がつくり出したものであり、この化け物と対峙しつづけることは、私たち自身と未来に対する責任です。力強く呼びかけていきましょう!脱原発の声を。

※2014年9月23日(火・休日)は「さようなら原発大集会(代々木公園)」を予定しています。
(9/15とご案内していましたが、変更となりました)。

【ドイツからのメッセージ】
 3年目の3.11を迎え、志を同じくする皆さんへ連帯の挨拶をドイツから送ります。

 地球規模で核汚染を撒き散らし、依然として危機的状況が進行中の福島第一原発。それにも拘わらず世界に向かって『The situation is under control』と得意げに宣言して恥じない日本の首相。私達は、日本人としてとても恥ずかしく思っています。

 2月26日には、ドイツ公共第二TV放送ZDFが『フクシマの嘘 – 欺き、ごまかし、脅かし』というタイトルで、この安倍首相の発言の嘘を実証するドキュメントを放映して大きな反響を呼んでいます。この番組(29分の動画)に、既に日本語字幕が付けられてYouTubeにアップされていますので、未だ観ていない人は是非ご覧下さい。

 ドイツではこのような報道がなされているのに、まるで福島原発事故がなかったかのように、原発の維持、再稼働推進 、既に破綻している核燃料サイクル計画の保持と、とんでもない政策に強気一方で、 民意を全く無視して突進するのみならず、原発の輸出などという危険で無責任極まる『商売』にトップセールスで臨んでいる日本政府について、『とても理解できない』というのが、当然過ぎるほどの当地の反応です。

 私達『さよなら原発デュッセルドルフ(SGD)』は、3月8日(土)に、『第2回フクシマ・デー』としてデュッセルドルフで下記の二つの行事を計画しています。

1)14:00 〜 16:00 脱原発アクションデー 『フクシマを忘れない!』(広場での街宣)

2)17:00 〜 19:00 おしどり・マコ記念講演会 『フクシマの隠された真実』
          (ドイツ語通訳付き)

 また、この2週間ほどの間にドイツ各地でフクシマをテーマに様々な行事が行われますが、フクシマ加害国の一員である私達日本人が、たとえ少人数であっても、参加し発言することがとても重要であると考えています。

 さて、原発事故と並んで、最近の日本の右傾化を憂慮する報道がドイツでも多くあります。昨年末の安倍首相の靖国神社参拝以降、『日本は国際社会からどんどん孤立している。日本のイメージは変わってきており、かつての闇の時代へ戻ろうとしている。世界は今の日本の動きに恐れと警戒を抱いている。』とフランクフルターアルゲマイネ紙の東京特派員カーステン・ゲアミス氏は述べています。

 ゲアミス氏は、NHKの籾井会長や経営委員の発言について、『ドイツでホロコースト(ユダヤ人虐殺)がなかったと公共放送幹部が発言したら、世論が騒ぎ、その日のうちに辞任だろう。ドイツに限らず、こんな発言をする人が職に留まれる国はないと思う。』と言います。

 更に、『アンネの日記』とホロコースト関連書籍が東京の図書館で大量に破損されたという異常で陰湿な事件も、Spiegel、Die Zeit等でも伝えられています。

 これからも、フクシマの惨状をドイツの人々に出来るだけ正確に伝え、彼らを巻き込んで一緒に日本や全世界に向かって即時脱原発を訴えて行きたいと思っています。

 お互いに『焦らず、慌てず、諦めず』息長く活動を続けて行きましょう。

20140309

福島原発事故から3年、「6.2 NO NUKES DAY」、「10.13 NO NUKES DAY」に引き続き、「首都圏反原発連合」「さようなら原発1000万人アクション」「原発をなくす全国連絡会」の3者が合同で、統一行動を呼びかけます!

3.9 NO NUKES DAY
原発ゼロ☆大統一行動 ~福島を忘れるな!再稼働を許すな!~

【日時】2014年3月9日(日)
【場所】日比谷野音(大音楽堂)・国会議事堂周辺

*アクセス
○「日比谷公園」最寄り駅:地下鉄日比谷線「日比谷駅」、地下鉄丸ノ内線・千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」、地下鉄三田線「内幸町駅」
○「国会議事堂」最寄り駅:地下鉄有楽町線「桜田門駅」、地下鉄丸ノ内線、千代田線「国会議事堂前駅」、
地下鉄丸ノ内線・千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」、地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」

【タイムテーブル】

<<第一部>>
13:00~ 大集会 *場所:日比谷野外音楽堂
14:00~ 巨大請願デモ/国会大包囲 *日比谷公園出発で「請願デモ」と「国会包囲」を同時に行います。
主催:首都圏反原発連合/さようなら原発1000万人アクショ ン/原発をなくす全国連絡会

<<第二部>>
15:30~17:00 国会前大集会
主催:首都圏反原発連合

【呼びかけ】首都圏反原発連合/さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会
【協力】脱原発世界会議/経産省前テントひろば/再稼働阻止全国ネットワーク

▼呼びかけ

2011年3月11日、東日本大震災、福島第一原子力発電所の過酷事故からまもなく3年。

放射能汚染水漏れなど、事故収束の目処も立たず、いまだに14万人もの人々が満足な補償も受けられないままの避難生活を余儀なくされています。
しかし、自民党安倍政権は何の反省もなく、エネルギー基本計画から原発ゼロ目標を放棄し、再稼働、輸出、核燃料サイクル等を強行しようとしています。

全国的に巻き起こった反対運動によって、現在稼働している原発はゼロとなっています。これこそ国民の希望の反映です。原子力発電という既に“終わった技術”を維持・推進するのは電力需給の問題ではなく、政官財などの一部の都合でしかありません。

一進一退のせめぎ合いの中、我々市民が忘れず諦めず声をあげ続ける事によって、政府に再稼働を断念させ、原発のない未来を1日でも早く実現するために、2014年3月9日に『0309 NO NUKES DAY 原発ゼロ☆大統一行動 ~福島を忘れるな!再稼働を許すな!~』を開催します。また、3月9日を前後した全国のとりくみをつなぐ『NO NUKES WEEK』共同行動をよびかけます。

福島第一原発事故と被害者を風化、忘却させないように、3月9日は全国からかつてない規模の行動を起こし、大集結して原発を終わらせましょう!

さらに詳細はこちらから

NO NUKES DAY

NO NUKES WEEK にご参加ください!

原発ゼロへの国民の声を大きくしていくため、3月11日を中心にその前後を「ノーニュークスウィーク」とし全国で行われるアクションをつなぎ、「首都圏反原発連合」「さようなら原発1000万人アクション」「原発をなくす全国連絡会」が合同で共同行動を呼びかけていきます。
「NO NUKES WEEK」に参加頂いたアクションは、WEBやフライヤー(全ては掲載できません)で紹介いたします。是非ご参加ください!

詳細、登録はこちらから
NO NUKES WEEK

- 共有

Highslide for Wordpress Plugin